2021年6月16日水曜日

電波新聞

みなさん、お元気ですか?

突然ですが電波新聞ってご存知ですか。

電波新聞はエレクトロニクス産業全般に視点を当てた専門誌になります。

私と電波新聞の出会いは24歳の時、SONYの工場で読んだのが最初でした。

一時期は電波新聞を定期購読していたこともあります。

本日、電波新聞関東版に弊社の記事が掲載されました。

前回お知らせした「FREEAID(フリーエイド)」の件で。

https://freelance-aid.com

写真・サイトトップページも掲載されているとても大きな記事です。

ぜひご一読くださいませ。

2021年6月1日火曜日

FREEAID

株式会社アイズは、今後増えていくであろうフリーランスに

焦点をあて、IT業界のみならず機械・電気(以下、機電系)

エンジニアのフリーランスという働き方を広く展開させるための

支援サイトFREEAIDを本日開設致しました。

http://freelance-aid.com/

製造業・IT業界向けにコンサルティング型のアウトソーシングを

展開している弊社は今までのノウハウを用い機電系エンジニアにも

フリーランスという選択肢を提供するべく、FREEAIDを立ち上げました。

・製造業で機電系エンジニアに仕事出したい方、エンジニア不足を解消したい方

・機電系のエンジニアでフリーランスとして働きたい方

お問い合わせをお待ちしております。

2021年5月31日月曜日

何でもあり

何でもありの状況を経験することってありますか?

弊社にはあります!

それがEyeコン。

Eyeコンとはアイズコンパ、アイズ懇親会のこと。

上司部下も関係なく、ひとりの人間として言いたいことを言える場所。

もちろん外部の人も参加可能。

根に持たない、その場限り、フルオープン

勇気のある人はぜひ参加してください。

タダで言いたいこと言えてストレス発散できます!

詳細は弊社社員まで。

2021年5月24日月曜日

ファンでいられること

あなたは誰かのファンですか?

ファンクラブに入ったり、グッズを購入したり、追っかけしてみたり。

熱狂的なファンでいうと、AKB48、阪神タイガース、矢沢永吉が

頭に浮かびます。

ひとつのことに没頭できない自分は熱狂的ファンにはなれません。

かといってにわかファンにもなれない自分です…。

先日、知人にファンになっている人に会いたいか?と尋ねたら

「ファンでいられることで充分です!」という返答が。

なんて奥ゆかしいと思いましたし、そういう応援の仕方もあるんだと

考え深い瞬間でした。とても良い意味で!

ちょっと前にNHKでビートルズが来日した時のエピソードを紹介してました。

そのとき聞いたフレーズで、

「何かに没頭すると人の心を豊かにすることがある」

これまた奥が深いです!

特に誰かのファンではない私は、自分らしく生き続けるために

自分が自分のファンでいたいと思っていますf^^

2021年5月7日金曜日

52歳

本日、52歳になりました。

20代の時に想像していた50代より楽しく充実した日々を過ごせているので

いい感じだと思っています。

一番はやはり両親に感謝しています、本当にありがとうございます。

さて、2年連続で緊急事態宣言中に誕生日を迎えたわけですが、

来年はどうなるのでしょう?

日本製ワクチンの治験でも良いので早く打ちたいです。

コロナが収束すると生き方に人間性が出ると思っています。

この52歳の節目にコロナ明けのシュミレーションをしてこれからも

一日一日を大切に生きていきます!!

2021年4月30日金曜日

工場視察

仕事柄いろんな業種の工場を視察します。

20代から工場に関わる仕事をしているので少なく見積もっても

1,000社以上の工場を訪問しました。

トヨタ自動車やSONYといった大企業から中小企業や零細企業に至るまで。

自動車、半導体、製薬、食品、飲料、印刷、各種機械、白物家電等様々です。

一言で言えばマニアック(驚かせられるという意味で)

二言で言えば奥が深いのが日本のモノづくりで、たぶん一日中見てられます。

規模にかかわらず「スゴイ!」と思わせてくれるポイントが必ずあるように

感じます。

あと、工場視察するとモノを大事にしなくてはという気持ちになります。

職人さんを見ても、外国籍の方ばかりの工場を見ても、完全にオートメーション化

されてるところを見ても同様に。

きっと私は日本のモノづくりが好きなんしょう!

工場をつくりたい!?と思ったことも多々ありますが中途半端な気持ちで

つくってもスゴイと思ってもらえないので今は辞めておきます、今は・・・。

2021年4月19日月曜日

機電系

みなさん、お元気ですか?

唐突ですが機電系という言葉をご存知でしょうか!?

かれこれ30年以上の前のことですが、私は大学受験に失敗しました。

得意なことも秀でたこともなかったので当時の希望学部は経済、経営

まさかこの当時、将来起業して会社経営をやることになるとは微塵も

考えませんでした。

偏差値50以下の2科目受験、場所は東京

受験するだけでもお金がかかりますので4校に限定

そしてものの見事にすべて不合格、うすうす気が付いていましたので

それほどのショックはなかったです…。

それからだいぶ月日は流れましたが、もしこれから大学を目指そうと

するなら機電系の学校に行き機電系のエンジニアになってみたいです。

私は20代から現在に至るまで製造業にかかわる仕事をしております。

わかったような口をきいて恐縮ですがものづくりは奥が深いです。

固定電話からスマホへと移行してきた流れで分かるように技術の進歩は

すごいです!

大学生からはじめるには時間がかかりすぎるため、今後も何かしらで

日本のものづくりに関わっていきたいと思います。